横浜青葉区・都筑区の廣田新聞店は奨学生の進学と自立を応援します。

保護者の皆様へ

  • HOME »
  • 保護者の皆様へ
廣田新聞は進学と自立を応援します
廣き田に 花崖種播き 稲 実る  徳積み重ね 未来を拓く

「百年企業」という誇りを  社員みんなで共有したい(株)廣田商事 会長 廣田実

大正12年創業の廣田商事は、90年を超える歴史を刻んできました。創業社長、廣田花崖の「新聞販売を天職と思え」、二代目社長、廣田稲次郎の「信義、礼節、謙虚、質素」を経営の支柱とし、諸先輩の教えを行動の基本としつつも、幾多の困難を乗りこえ、今日があるのは、会社を信じて行動をともにしてくれた、社員という仲間があったからです。
「新聞」の普遍的価値である、「文化」を全国津々浦々にまで届けるという、崇高な使命感を引き継ぎながら、さらに私たちは常に新しい付加価値を創造し、地域の皆さまに提供してきました。その反応が直に返ってくる地域に密着した仕事ができる楽しさは、「新聞販売」の醍醐味でもあります。
そして今、平山徳行社長を先頭に、社員みんなで新聞販売の可能性を追求しながら、念願の「百年企業」を目指せるのは、大きな喜びであり、誇りでもあります。
皆さん、一緒に語りましょう。そして一緒に築きましょう。

 

 

廣田商事は社員を大切にする会社です(株)廣田商事 社長 平山徳行

厳しい状況に直面しても、笑顔で皆一丸となって同じベクトルに向かって進んで行ける、それこそが廣田商事の最大の強みです。
なぜそんなことができるのでしょうか。それは創業当時から社員を、そしてその家族を大切にする社風が、脈々と受け継がれているからです。
それは正社員だけに限りません。新聞奨学生である学生社員に対しても廣田商事は大切に育ててきました。独立心、向上心の旺盛な学生社員の、勉学と仕事との両立のために、できうる限りのサポートを続けてきました。たとえば集金業務、月に一回一軒一軒お客さまを訪ねて代金を回収する仕事は、時間的にも体力的にも大変です。その負担軽減のために、廣田商事では20年以上も前に新聞代の口座振替制度を導入し、普及率85%を早期に達成し、現在も維持しています。この制度によって生じた時間を勉学に充てて、夢を実現してほしいというのが、廣田商事の願いなのです。
新聞奨学生第一期生から数えて千人以上の学生社員が巣立っていき、この経験を活かしてさまざまな分野で活躍を続けています。それが廣田商事の自慢であり、財産でもあります。
新聞は社会の公共財であり、知的生活の必需品です。新聞という素晴らしい商品を、毎日確実にお客さまのお手もとにお届けする、そしてその普及に邁進する、地域の皆さまや社会のために貢献する…。そんな経験を皆さんの人生に活かしてみませんか。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-37-9641 9:00~18:00(日・祝・年末年始除く)

廣田新聞店の社員たちの日常をご紹介
  • facebook
  • twitter
募集要項
奨学生の1日
奨学生寮を動画で公開中!
保護者の皆様へ
廣田新聞店 正社員募集中
ひろたりあん電子通信
PAGETOP
Copyright © 株式会社廣田商事(廣田新聞店) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.